<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
| main | 始めてみたのです。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

CANTA 7/16@千葉LOOK

CANTA 夏 TOUR'04“向こうで会いましょう”2004.07.16 千葉LOOK 
全11本のツアー中、3本目。

夏はロックがよく似合う。イェーイ。
待ち焦がれていたCANTAのツアーに行ってきました。
千葉LOOKという会場ははじめてです。コンクリのビル、バンドのポスターがびっしり、地下、天井低い。いかにもなライブハウスだ。
荷物は千葉駅のコインロッカーに預け、チケットと少々のお金だけジーンズのポケットにねじ込んで、準備万端。
…と思いきや、ちょっと計算外なことが発生。
このツアーは会場でDVDやグッズを一定額以上購入すると終演後の握手会に参加できるのでした。
DVD楽しみー!握手もしちゃうぞー!でもライブ中に割れたりしてね…ということで終演後に買おうと思ってたところ、販売は公演前のみとのアナウンスが。あらら。でも早く見たいー。

結果。相方・馨のしてたウエストバッグに無理矢理詰め込む。(感謝してます)

よーし、ばっちこーい。

以下、ネタバレです。
…セットリストは全然覚えられませんでした…
印象的だった曲をぽつぽつと書かせていただきます。しかも順番さえもう適当です。ごめんなさい。
おまけにステージも低かったんで、視界不良でしたー。本当に低かったなぁ。
ルークさんやMASAKIさんがモニターの上に登って弾いてる時は天井に頭あたってたし。


The World Is Mine?
1曲目はやっぱりこれだ!ドラムの連打で一気に気分は盛り上がる。
リフの直前、ルークさん&MASAKIさんがいつものようにジャンプ!
轟音と音圧。CANTAのLIVEのはじまり。

「なんかもっと」のところ「もっと〜もっと〜もっとぉ〜」とリピートしてましたね。
「野良猫にぶつけそうになるんだ」の後は「ニャ〜オ」と鳴き声がお決まり。
今日もルークさん、お茶目で嬉しいぞ。
サビでは客も揃って拳が上がる。
そして毎回分かってはいるんだけど…やはりベースでは有り得ないような
フレーズが聞こえてくる…(笑)
MASAKIさん、すげー。

Romantic Warrior
元から好きな曲のうえに、テンポがノリやすいんで踊りまくる。
ギターソロ直前のドラムのフィルインがかっこよくて、ゾクゾクするんだよね〜。

Tonight3
悲しき絆創膏
マキシシングル収録のこの2曲。聞きたかったんで嬉しい〜。
歌詞に共感しつつ、踊る。

このあたりでMCが入った…はず。
すでに息が上がってます。わたしだけでなく、周囲の方もぜーはーと息継ぎしてました(笑)

Crying Days
ルークさんの歌を、聴いているそれぞれの人が心の中で反芻している感じがします。
自分と世界との係わり。『It's a fine day』にも通じるかと。
この中盤の雰囲気が、CANTAのライブにまた行きたくなる大きな要因です。

Everyday
この曲は好きすぎていろいろ語りたくなりますが、それはまたの機会に(汗
いつもパワーをもらっています。

It's Gonna Be Alright
これも聴きたかったんだ!明るいような暗いような、おもしろいコード進行。
ドレッドヘアを振り乱してチョッパーを弾くマッキー(←気分が盛り上がるとこう呼ぶ)、格好いいってば。

Iritation
何度目かのMC明けでこの曲になったと思うんですけど、歌い始めてすぐ、ルークさんがストップ(笑)
「耳栓忘れちゃった」してると上手く歌えることを発見したとか。

日本と私
来た来た!これがなくちゃね!。
サビ「J.A.P.A.N AND I!」の部分では手振りをします。ライクYMCA。
しかし前回のツアーまでは、向きが揃っていなかった…
そこで今回は、曲の間で指導コーナーに突入(笑)
「俺達に向かって、文字を作るようにね」とルークさん。そしてメンバーそれぞれ模範演技を披露。
雷電さん、姿はよく見えなかったんだけどかけ声がめっちゃ男前!

その後、会場一番後ろにいる物販の女性3人までもがやらされます(笑)
更に別のスタッフにも…
L「制作の○○さん(名前忘れた)!」と呼び込もうとしますが、出てこなかった…
L「全然出来ないに違いない。後で教鞭だ!」

MCで「正座だ!教鞭だ!」って言葉が流行っていましたね(笑)

Happy Birthday To You
本編ラスト。ソロ合戦。記憶がふっ飛んでます。暑かった。


<ENCORE>
Bass solo
始めと終わりの部分はラジオ体操のテーマだ(笑)
間の部分は会場ごとにアドリブらしく、今回は「ゴッドファーザー・愛のテーマ」意外過ぎでおかしい。
…いつか最前列の真ん前でMASAKIさんを見たら、コロっとハマリそうだ。今でも充分、目(と耳)を奪われがちなのに…

REMEMBER FLAME
客席からはどよめき。うわぁ、CANTAでこの曲を聴けるとは!
…あれ、ルークさんがまた止まってしまった(笑)ギターの音が出なくなった様子。
しかしこんなことで今更驚かないお客達。ベースとドラムがアドリブでつなぐ中、手拍子やらかけ声やら(笑)そのうちギターも復活してもう一度頭から。
このへんのノリが好きだよ、皆様。

ルーク篁・ファーストソロアルバムの代表曲。あの頃は悪魔の顔だったなぁ(笑)
懐かしい…思い出が走馬灯にようにかけめぐったりして…年とったもんだ…
人生初めてのスタンディングのライブで聴いた。
ルークさんをあんなに至近距離で見たのも初めてだった。
TVにもこの曲で結構出てたんだよね…必死に録画したよ〜。

「I was born 奏でるため」

歌い始めのこの歌詞、今でも好きです。
Yes、奏でてくれて、良かった。

ア ソング フォー ジ アダルト
もう体力は尽きてるんだけど、このイントロのドラムがはじまると…
まだまだやるぜー!と思わずにはいられません。
最後のソロ回し、膝がくだけそうだけど、最高に楽しい。
ルークさんはギターのネック部分を客席に向けて、弾かせてましたね。


ツアータイトル “向こうで会いましょう”は
『Tonight3』の歌詞の一部です。
CANTA-NETでルークさんが言っていたように、
「美意識を持ってこの世の中を泳ぎ抜く、その向こう。
 僕達の理想とする、行きたい場所」

音の洪水の中で、たとえ一瞬だとしても、行ってしまいたい。

ツアー千秋楽が楽しみです。
瑛里 * CANTA * 22:09 * comments(2) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 22:09 * - * -

コメント

DVD預かっていた馨です。
ホント割れなくてよかったわ。
ライブ始まったとたんに、DVD持ってた事なんて忘れてたから。
アンコールで客席後方に下がった時、バック床に投げ捨て置いたのもその証拠・・・。
っていう事を、レポを読んで思い出しました。
さー、千秋楽楽しみだね。
考えただけで、汗だくになりそうだ。
Comment by 横沢馨 @ 2004/08/08 9:32 AM
そういえば投げてたね!何も思わなかったわたしも同罪。
今度一緒にDVD見ましょう。
千秋楽は燃え尽きましょう。
Comment by 瑛里@館主 @ 2004/08/09 3:56 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ